光脱毛という機器によって、得られることが沢山ある

新理論の施術方法

脱毛器

バルジ領域を狙え

従来の医療レーザー脱毛の理論では、毛根細胞に含まれるメラニンにレーザーを反応させなければ、毛根から根こそぎ脱毛するということは不可能であると考えられていました。ところが、医療技術の進歩により、新しい脱毛の理論が発見され、施術方法にも変化が見られるようになってきたのです。それが、バルジ領域という体毛の成長を促すための部分です。新理論では、バルジ領域にレーザー照射をすれば、レーザーの熱が蓄熱され、その結果、毛根全体に作用して体毛が抜けるというメカニズムが解明されました。これによって、必ずしも高出力のレーザー照射をする必要がなくなり、出力の低いフラッシュやレーザーであっても、バルジ領域に働きかければ、確実に脱毛をすることができるということが明らかになりました。このメカニズムの解明は、脱毛業界に新しい革命を起こしたと言っても過言ではありません。それは、高出力のレーザーを用いることができない脱毛サロンでも、低出力でバルジ領域にアプローチできる脱毛機器を開発すれば、導入することが法的に可能となりました。従来であれば、出力の高いレーザー脱毛機器は器量機関にのみ使用が認められていました。ところが、バルジ領域にアプローチできる脱毛機器であれば、低出力でも効果を発揮することができるようになり、脱毛サロンでも安全にマシンの運用が可能になったのです。これに伴って、低価格帯でも効果的な施術を受けられるようになりました。

Copyright© 2020 光脱毛という機器によって、得られることが沢山ある All Rights Reserved.